助動詞mustの過去形は無い!?それに代わる2つの表現紹介!

この記事では、mustの過去形について説明しています。
mustは中学校で習う基本的な助動詞の1つです。
ここでしっかりと理解してしまいましょう!

まずはmustの復習から!

先生、willの過去形はwouldで、canの過去形couldですよね?
mustには過去形ってあるんですか?

生徒

先生

良い質問だね。
今日はmustの過去形について、見ていこう。

先生

ただその前に、mustについて基本的な部分を復習しておこう!

mustの過去形の解説に入る前に、mustにはどのような用法があったのかを復習しておきましょう。
mustには大きく分けて2つの意味があります。

  • 〜しなければならない
  • 〜に違いない

どちらも重要なmustの用法です。
詳しく見ていきましょう。

mustの用法① 「〜しなければならない」

mustには「〜しなければならない」という意味があります。
日本語でも「〜をマストでする」のように使われますよね。

He must finish his work today.
「彼は仕事を今日終わらせなければならない。」

mustは助動詞なので、直後に動詞の原形を置きます。
must finishで「終わらせなければならない」ですね!

You must clean your room right now.
「 今すぐ自分の部屋を掃除しなさい。」

ちなみにYou mustはもちろん「あなたは〜しなければならない」となるのですが、これは命令文と言い換え可能です。

Clean your room right now.
「 今すぐ自分の部屋を掃除しなさい。」
You mustn’t run in this room.
「この部屋では走ってはいけません。」

また、mustをmustn’tと否定にすることで、「〜してはいけない」というように禁止の意味にすることが可能です。
このmustn’t、注意スすべきはその発音です。mustn’tなのでそのままマストゥントゥのように読んでしまいそうですが、正しくはマスントゥです。
中にあるtは黙字で、発音しません。注意しましょう!

Don’t run in this room.
「この部屋では走ってはいけません。」

否定文は、否定の命令文と書き換え可能です。

mustの用法② 「〜に違いない」

mustには「〜に違いない」の意味もあります。
よくmust be…の形になります。

He must be a teacher.
「彼は先生に違いない。」
You must be hungry after all that walking.
「そのウォーキングが全て終わったら、君はお腹が空いているに違いない。」

cited from Oxford Advanced Learner's Dictionary

must be…を見たら、まず「〜に違いない」を疑いましょう。

You must be kidding!
「冗談でしょう!」

これは会話でよく使われる表現なので、ぜひ覚えておきましょう。

mustの過去形は無い!?

先生

それじゃあ本題の、mustの過去形について見ていこうか!
はあい!

生徒

先生

出鼻をくじくようだけど、実はmustに過去形は無いんだ。
え、無いんですか?

生徒

先生

そうなんだよ。
じゃあ、例えば「〜しなければならなかった」と英語で言いたいときはどうすればいいんですか?

生徒

先生

良い質問!
それをこれから説明していこう。

それでは本題のmustの過去形について解説していきたいのですが、実はmustには過去形がありません。
ただし、それに代わる表現があるので、それを見ていきましょう!

「〜しなければならなかった」 had to…

mustには「〜しなければならい」という用法がありましたが、その過去を表したい場合はhad to…を用います。

実はmustの同意表現にhave to…というのがあるんです。

You must stay at home today.
≒You have to stay at home today
「今日は君は家にいなければならない。」

なので、このhave toを過去にしてhad toにすれば「〜しなければならなかった」を表すことが出来るのです。

I had to wait for him.
「私は彼を待たなければならなかった。」

mustの過去形はありませんが、その同意表現のhave toの過去形を使うことで、「〜しなければならなかった」を表現出来るのです。

「〜した/だったに違いない」 must have 過去分詞

mustには「〜に違いない」を意味する用法があると学びましたね。
その過去「〜だったに違いない」はmustの後ろに原形でなく、have + 過去分詞を続けることで表すことが可能です。

You must have met me before.
「君は以前、僕に会ったに違いない。」

must have 過去分詞で「〜した/だったに違いない」なので、must have metなら「会ったに違いない」となりますね。

I’m sorry, she’s not here. She must have left already.
「恐れ入りますが彼女は不在です。すでに彼女は出てしまいました。」

cited from Oxford Advanced Learner's Dictionary

最後に・・・

mustの過去形については理解できましたか?

mustには過去形はない
・「〜しなければならなかった」はhad to…で表す
・「〜した/だったに違いない」はmust have 過去分詞で表す

の3つが今日のポイントです!
復習も定期的に、しっかりしておきましょう!