[人気記事] 英語を読めるようになるために必要なこと

What will be will be.の意味を徹底解説!

Who wrote this?
Yoichiro Suzuki
Founder of eigo-bu.com

英語部を始めた人。大学では言語学(特に生成文法理論)を専攻し、2011年から塾・予備校にて英語教育に従事。2016年に当サイトを開設。

このページでは、What will be will be.の意味を解説していきます。
文法的な解説も含めていちから解説していくので、しっかりと理解をして使えるようにしましょう!
先生、What will be will be.という文があったんですが、これはどういう意味ですか?

生徒

先生

なるほど。
じゃあこのWhatはどういう意味だかわかるかな?
Whatの意味は「何」ですよね?

生徒

先生

たしかにwhatには「何」という意味があるね。
ただ、What will be will be.は「なるようになるさ」と訳されるんだ。
え、「何」はどこにいっちゃったんですか!?

生徒

先生

よし、まずはWhat will be will be.の文法から説明していこう!

What will be will be.の文法解説!

What will be will be.はどういう文の構造になっているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

まず、この文はクエスチョンマークでなくピリオドで終わっていることから分かるように、疑問文ではありません。
またnotのような否定を表す語句もないので、否定文でもないことがわかります。
よって肯定文ですね。

ということは、主語が文の先頭にありそうですね。
この文の主語はWhat will beです。

このWhatは関係代名詞のwhatで、「こと」や「もの」と訳します。
例えば、

what I thought
「私が考えたこと」
what is important
「大切なこと」

のように使われます。

では、what will beはどのように訳すのでしょうか。
「will beなこと」です。
willは未来を表しますよね。
そしてbeは存在を表します。
つまり、what will beは「未来に存在すること」を意味します。

what will be
「未来に存在すること」

主語の部分は分かりました。
次は動詞を考えてみましょう。

当然、この文の動詞はwill beです。
will beの意味はいまやった通り、「未来に存在する」です。

なのでWhat will be will be.を直訳すると、

What will be will be.
「未来に存在することは、未来に存在する。」

となるわけです。

What will be will be.の意味を解説!

未来に存在することは、未来に存在する。
よく分からないですね。

これは分かりやすくすると、「なるようになるさ」となります。

つまり、未来に起こることはどうしたって起こる、自分ではコントロールできない、なるようになるさ。というような意味になるわけです。

最後に・・・

なるほど、このwhatは「何」ではなく「こと」という意味だったんですね!

生徒

先生

そうそう!
文法的に見てみると、What will be will be.が「なるようになるさ」となる理由がわかったよね!
分かりました!
でも難しいですね・・・
英語、ちゃんと出来るようになるかなあ・・・

生徒

先生

大丈夫!しっかりと勉強を続けていけば出来るようになると思うよ!
What will be, will be!