[人気記事] 英語を読めるようになるために必要なこと

will be 〜ingを徹底解説!

この記事では、英語のwill be 〜ingという表現を解説していきます。
英語部では、英語を学習している人に向けて、出来る限り分かりやすく英語の説明を行っています。
この記事を読んで、will be 〜ingの表現をマスターしましょう!
先生、will be 〜ingという表現を耳にしたんですが、どういう意味ですか??

生徒

先生

will be 〜ingは実はとても簡単なんだよ。
ちなみにwillはどういう意味??
willは「〜するつもり」でしたっけ?

生徒

先生

そうそう!
じゃあ be 〜ingは?
ええと・・・

生徒

先生

will be 〜ingを理解したかったら、willとbe 〜ingに分解するといいんだ。
それぞれ詳しく見ていこう!

willとbe 〜ing

will be 〜ingを理解するには
willとbe 〜ingに分けて考えると分かりやすいです。

willもbe 〜ingも中学生で習うごく簡単な表現です。
それぞれ見ていきましょう!

will

先生、willは「〜するつもり」でいいんですよね??

生徒

先生

そうそう!
willは未来を表す助動詞なんだ。
現在でも過去でもなく、未来のことを言いたいときはこの助動詞willを使うんだ。

willは未来を表現するための助動詞で、よく「〜するつもり」と訳されます。

I will clean my room.
「私は部屋を掃除するつもりだ。」

willは助動詞なので、動詞の直前に置きます。
また、その動詞は必ず原形になります。

He will clean his room.
「彼は部屋を掃除するつもりだ。」

主語が3人称単数であっても、助動詞の後ろは原形になります。
He will cleansなどどはならないので注意しましょう。

be 〜ing

先生

じゃあ今度は、be 〜ingを確認しよう。
これ、どういう意味でしたっけ??

生徒

先生

学校で「be動詞 + 動詞のing形」って習わなかった?
習ったかも!
「〜している」ってやつでしたっけ??

生徒

先生

そうそう!

次に、be 〜ingについて見ていきましょう。
これは進行形と呼ばれる表現で、「〜している」と訳します。

He is studying English now.
「彼はいま、は英語を勉強している。」

study「勉強する」をis studyingと表現することで、進行形となり「勉強している」という意味になります。

be動詞 + 動詞のing形で「〜している」という意味になります。

will be 〜ing

will be 〜ingは、上で説明した未来を表すwillと進行形を表すbe 〜ingを合わせたものです。
「〜している予定」というような意味です。

I will be watching a movie.
「私は映画を見ているだろう。」

この、will be 〜ingという表現は、at this timeと使われることがありますので、覚えておきましょう。

I will be watching a movie at this time tomorrow.
「明日のこの時間、私は映画を見ているだろう。」

will be 〜ingは未来進行形!

ちなみにこの表現、未来進行形とも言われます。

現在進行形: I am watching a movie now.
過去進行形: I was watching a movie at that time.
未来進行形: I will be watching a movie at this time tomorrow.

be動詞の部分をこのように活用することで、進行形は時制を変えることができます。
このように考えると分かりやすいですね!

なるほど、will be 〜ingは未来進行形ということですね!

生徒

先生

そういうこと!
willが未来を表していて、be 〜ingが進行形なので、合わせて未来進行形ということだよ!

最後に・・・

will be 〜ingの表現の意味は分かりましたか?
わからなくなったら、ぜひまたこの記事に戻ってきてください。!