英語の助動詞will、覚えるべき用法TOP3!

この記事では、英語の助動詞のwillを説明していきます。
助動詞willは英語でもとってもよく使われる単語です。
この記事をしっかり読んで、助動詞willを徹底的に理解していきましょう!

先生

今日は助動詞のwillについて見ていこう!
中学生のときにやりました!
未来形のやつですよね!

生徒

先生

そうそう!
よく覚えているね!

先生

ただ、willは未来以外にもいくつか覚えておくべき用法があるんだ。
そうなんですね!
教えてください!

生徒

先生

やる気満々だね!
まずはwillの基本イメージから見ていこう!

助動詞willの基本イメージ

助動詞willの用法を細かく見ていく前に、willの基本イメージを理解しておきましょう。

まずはこの文を読んでみてください。

John has a strong will.
「ジョンは強い意志を持っている。」

冠詞のaが付いていることからも分かるように、このwillは助動詞ではなく名詞です。
willには名詞もあり、「意志」を意味します。

助動詞willの基本イメージは「意志」です。

よくwillは未来と覚えている人がいますが、もともとは意志です。
意志があるということは、未来にその行動をするということになるので、willが未来を表すようになったと考えましょう。

willは意志なんですね!
わかりました!

生徒

先生

よし!
じゃあ、助動詞willを細かく見ていこう!

助動詞willの3つの用法

助動詞のwillには大きく分けると、3つの用法があります。

  • 未来
  • 話し手の推量
  • 傾向・習性

一番よく使われるのは未来の用法です。
ただし、話しての推量傾向・習性もしっかり抑えるようにしておきましょう。

一つ一つ細かく見ていきましょう!

willの用法①: 未来

英語を学んだ人ならほとんどの人が知っていると思いますが、willには未来の用法があります

<現在> I play soccer.
<未来> I will play soccer tomorrow.

上記のように、動詞の前に助動詞willを置くことで、未来を表すことが可能です。

ただし、この未来の用法ですが、実は更に細かく2つに分けることが可能なんです。

例えば、以下の2つの文を見比べてみてください。

  1. I will play soccer tomorrow.
  2. I will be 20 tomorrow.

どちらも未来を表していることには代わりをありません。
しかし、意志という観点から見てみると、1は意志があると言えますが、2は意志があるとは言えません。
2の「20歳になる」というのは、意志とは関係なく生じる未来ですよね。

1のように、意志に基づいた未来は意志未来といい、2のようなシンプルな未来表現を単純未来といいます。

意志未来

意志が含まれる未来を意志未来といいます。
いくつかの例文を見ていきながら、慣れていきましょう。

I will study English for 5 years tomorrow.
「明日は英語を5時間勉強する。」

「明日5時間英語を勉強する」意志があるということですね。

I will clean my room very soon.
「すぐに部屋を掃除するよ。」

これも、部屋を掃除する意志があるので、意志未来と言えますね。
ちなみにvery soonは「すぐに」と訳しておけばよいです。
日本語では「とてもすぐに」とは言えませんが、英語ではvery soonと言えます。
veryの意味をどうしても出したかったら、「今すぐ」と意訳できますね。

単純未来

willは意志とは関係なく、単純な未来を表すことも可能です。
例文を見ていきましょう。

It will rain tomorrow.
「明日は雨が降る。」

「雨が降る」のは意志とは関係ないことなので、これは単純な未来です。

I will grow up to be a man next year.
「 来年、私は成人します。」

「成人する」未来も意志とは関係なくやってくるので、これも単純未来だと判断できます。

先生

助動詞willは意志未来単純未来があること、理解できたかな?
分かりました!
意志がある未来とそうでない未来ということですね!

生徒

先生

そうそう!
ところで、こんな英文は訳せるかな?
The door won’t open.
ええと、「そのドアは開かない予定」ですか?笑

生徒

先生

おかしいよね!笑
あといくつか、よく使われるwillの用法を見ておこう!

won’t: 強い拒絶

助動詞willは否定文で強い拒絶を表すことが可能です。
「どうしても〜しない」と訳します。

The door won’t open.
「そのドアはどうしても開かない。」
The engine won’t start.
「エンジンがどうしてもかからない。」

Will you…?: 依頼

また、疑問文にしてWill you…?とすることで、依頼を表すことが可能です。

Will you teach me english?
「私に英語を教えてくれる?」

またこれはCan you…?とも言い換え可能です。
合わせて覚えておきましょう。

否定文と疑問文で意味が替わることがあるんですね!

生徒

先生

そうそう!
理解できたかな?
はい!

生徒

先生

じゃあ、これはどう??
He will be a lawyer.
He will…ってことは、
「彼は弁護士になるつもり。」ですか?

生徒

先生

惜しい!
正しくは・・・

willの用法②: 話し手の推量

willは話し手の推量を表すことが出来ます。

例えば
He will be a lawyer.
これはこの文を話している(書いている)人が「彼は弁護士になるだろう」と推量しているのです。
主語が1人称のときは「意志」を表すことが出来ましたが、そうでないときは意志を表すことは出来ません。
単純未来(彼は弁護士になる予定だ。)か推量(彼は弁護士になるだろう。)という意味になります。

He will be a lawyer.
「彼は弁護士になるだろう。」

例文をいくつか見ておきましょう。

Harold will be in the station now.
「ハロルドはもうその駅にいるだろう。」

単なる推量なので、未来である必要はありません。
nowとともに使うことが出来ます。

willの用法③: 傾向・習性

あまり見かけませんが、willには傾向習性を表す用法もあります。
always, often, usuallyなどの頻度を表す語句とともによく使われます。
ますは例文を見てみましょう。

Accidents will happen.
「事故は起こるものだ。」

この「事故(accidents)」はtheが付いていないことから分かるように、ある特定の事故ではなく、一般的な「事故」を指しています。
「いつだって事故は起こるものだよね」というようなイメージです。

最後に: willの意味は分かりましたか?

willの用法について見てきました。
あくまで基本イメージは「意志」です。
この記事を何度も読み返して、willは完璧にしましょう!