used toとbe used toの違いって?

Usedto

used toとbe used toの違いを学びましょう!

この記事ではused tobe used toの違いを解説していきます!
この2つ、どっちがどっちだかわからなくなることって、よくありますよね?

そんな人はこの記事でしっかり学んで、定着させましょう!

used to…「(かつては)〜したものだった」

まずはused to…から見ていきましょう!
結論から言うと、used to…は「(かつては)〜したものだった」という意味になります!
usedと過去形になっていることからも分かる通り、これは過去の習慣や状態を表します。

例文を見て学んでいきましょう!

(1) I used to read books.

これ、訳せました?
簡単ですよね。
「私はかつて本をよく読んだものだった。」と訳せれば完璧です!

現在のことはさておき、過去について言えば、本を読んでたなぁ、というようなニュアンスです。

それではもう一つ、例文を見てみましょう!

(2) He is more careful than he used to be.

これはどうでしょう。
訳せましたか??

まず、He is more carefulまでは大丈夫ですよね。
「彼はより注意深い。」です。isなので、現在形です。

than he used to.ですが、これは、過去の彼と対比しているということです!
つまり現在の彼(he is)とかつての彼(he used to be)を比べて、現在の彼のほうが注意深いですよ、ということです!

なので日本語訳としては、「彼はかつてより注意深い。」となります!

お次はbe used to…を見ていきましょう!

be used to…「〜に慣れている」

be used to…は「〜に慣れている」という意味になります!
早速例文を見ていきましょう!

(3) He is used to teaching English.

これは「彼は英語を教えるのに慣れている。」という意味です。
大丈夫ですよね?

注意しなくちゃいけないのは、toの後ろがteachingとing形になっていること
このto、さっきのused to…のtoとは違って、前置詞なんです。
だから、後ろは動名詞になっているのです。
(前置詞の後ろに動詞を置きたいときは、動名詞(ing形)にするんでしたよね!)

もうひとつ、例文を見ていきましょう!

(4) I’m used to working here.

これは訳せましたか?
もう問題ないですよね。

「私はここで働くのに慣れている。」ですね!

最後に

be used toとused toの違いは分かりましたか?
be動詞があるのとないのでしっかり区別できるようにしておきましょうね!

なにか質問などあれば、下記の質問フォームから受け付けていますので、お気軽に!

[contact-form-7 id=”69″ title=”コンタクトフォーム 1″]