コロンとセミコロン

先生

この記事では、コロン( : )とセミコロン( ; )を説明しています。
まずは説明を読んで理解し(Input)、例文を日本語に和訳して知識を定着させ(Output)、最後に知識がちゃんと定着しているかどうかを確認します(Check)。
Input → Output → Checkの流れで進んでいきます。
この記事をしっかり読んで、コロンとセミコロンを完璧にしましょう!

コロンとセミコロン

コロン( : )とは

まずはコロンから学んでいきましょう!
コロンは下記のような使い方があります。

  • リストアップ
  • 説明
  • セリフの前

それぞれ、具体的に説明していきます。

リストアップ

リストアップというのは、何かを一覧にして羅列することです。

関東地方: 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬
Kanto region: Tokyo, Kanagawa, Chiba, Saitama, Ibaraki, Tochigi, Gunma

このように、なにか条件に合うものを羅列するときに、コロンは使われます。

説明

何かを説明するときにも、コロンは使われます。

東京: 日本の首都
Tokyo: the capital of Japan

セリフの前

セリフの前にもコロンは使われます。
発言者: 発言の内容
という形で用いられます。

Aさん: あなたの好きな食べ物はなんですか?
Bさん: 私は果物が好きです。
Mr. A: What’s your favorite food?
Mr. B: I like fruits.

コロンを用いた例文

コロンの例文
(1) I need following things: pencils, an eraser, and a ruler.
[su_expand more_text=”解説・解答を表示” less_text=”解説・解答を閉じる” height=”0″ class=”kakudai”]

コロンの後ろに名詞が3つ並んでいます。
なのでこのコロンは<リストアップ>の用法ですね。

コロンの前を訳すと、「私には以下のものが必要だ。」とあります。
その「以下のもの」というのが、pencils, an eraser, and a rulerということです。

(1) I need following things: pencils, an eraser, and a ruler.
「私には以下のものが必要です: 鉛筆、消しゴム、定規」
[/su_expand]
コロンの例文
(2) He said: “I will study hard.”
[su_expand more_text=”解説・解答を表示” less_text=”解説・解答を閉じる” height=”0″ class=”kakudai”]

これも難しくないですね。

コロンの後に”…”とセリフが来ているので、<セリフの前>用法です。

このように文の中に入ることもあります。
もちろん、この場合はコロンを取っても意味は変わりません。

(2) He said: “I will study hard.”
「彼は言いました。「私は一生懸命に勉強します」と。」
[/su_expand]
コロンの例文
(3) We have to do: study English.
[su_expand more_text=”解説・解答を表示” less_text=”解説・解答を閉じる” height=”0″ class=”kakudai”]

これは<説明>用法の例文です。
We have to do「私たちがしなければならないこと」がstudy Eglish「英語を勉強する」ことだということですね。

(3) We have to do: study English.
「私たちがしなければならないこと: 英語の勉強」
[/su_expand]

セミコロン( ; )

今度はセミコロンについて勉強していきましょう。
セミコロン( ; )には、下記のような使い方があります。

The most common way to use a semicolon is to connect two independent clause.
「セミコロンの最も一般的な使い方は、2つの独立した節をつなぐことだ。」
cited from The Oatmeal

節って何ですか?

生徒

先生

節というのは<主語 + 動詞・・・>のカタマリのことだよ。
それって文じゃないんですか?

生徒

先生

いいところに気がついたね。
文にはピリオド( . )が必要なんだ。
I studied English and she studied math.
「私は英語を勉強して、彼女は数学を勉強した。」
これは1つの文だが、節は2つある。
なるほど!
節と文の違いがわかりました!

生徒

セミコロンは節と節をつなぎます。

例えば、

Some people say he is a good man; some people don’t say so.
「彼が良い人だという人もいれば、そう言わない人もいる。」

この2つの節、つながりが強いですよね。
ピリオドを使うほど、意味が独立していません。
このような時に、セミコロンが使われます。

ちょっと発展!

セミコロンの秘密

セミコロンって、特殊な形をしていますよね。その特殊な形から、セミコロンの基本イメージを読み取ります。

ちなみにセミコロン( ; )は、ピリオド( . )とカンマ( , )を縦に並べた形になっています。
つまり、セミコロンはピリオドとカンマを合わせたものということです。
Oxford Living Dictionaryにもこうあります。

The main task of the semicolon is to mark a break that is stronger than a comma but not as final as a full stop.
「セミコロンの主な仕事は、カンマよりも強いが完全な終了ではない小休止を置くことだ。」
cited from Oxford Living Dictionary

ピリオドを打つほどではないけど、カンマだと弱すぎる、という時に使われます。

セミコロンに慣れるために、例文をいくつか読んでいきましょう!

セミコロンを用いた例文

セミコロンの例文
(1) Spanish is spoken throughout South America; in Brazil the main language is Portuguese.
cited from Cambridge Dictionary
[su_expand more_text=”解説・解答を表示” less_text=”解説・解答を閉じる” height=”0″ class=”kakudai”]

セミコロンの前は、「スペイン語は南アメリカ全体で話される」となっていて、セミコロンのあとは「ブラジルではポルトガル語が主な言語だ」となっています。
この2つは、「しかし」や「だが」などの逆説で結んであげると、うまく訳せます。

このように、セミコロンは逆説の意味を表すことができます。
また、順接(だから)や理由(なぜなら)の意味も洗わせたりします。
文脈によって訳し分けられるといいですね。

(1) 「スペイン語は南アメリカ全体で話されるが、ブラジルではポルトガル語が主な言語だ。」
[/su_expand]
セミコロンの例文
(2) On a Harley motorcycle, my grandmother and her poodle have traveled to Anchorage, Alaska; San Francisco, California; and Tijuana, Mexico.
cited from The Writing Center
[su_expand more_text=”解説・解答を表示” less_text=”解説・解答を閉じる” height=”0″ class=”kakudai”]

セミコロン、実はこんな使い方もあるんです。
例えば、

A, B, C, D

これは単純にABCDを並べただけですよね。

A, B; C, D

このようにすると、単純にABCDを並べるだけでなく、AとB・CとDのそれぞれのつながりを強く見せることができるんです。

今回の例文の場合、

  • アンカレッジ
  • アラスカ
  • サンフランシスコ
  • カリフォルニア
  • ティフアナ
  • メキシコ

とありますが、セミコロンがあるおかげで

  • アラスカのアンカレッジ
  • カリフォルニアのサンフランシスコ
  • メキシコのティフアナ

と読めるのです。

(2) 「ハーレーのバイクで私の祖母と彼女のプードルは、ラスカのアンカレッジとカリフォルニアのサンフランシスコとメキシコのティフアナに行きました。」
[/su_expand]