シンプル英文法「進行形と動名詞で使うing形の作り方」

シンプル英文法シリーズは、最速で英文法を学ぶためのコンテンツです。
ポイント問題と、最小限の内容にしぼっているので、時間がないひとでも難なく学ぶことが可能です。

SE how ing

今回は動詞のing形の作り方を学んでいきましょう!
動詞のing形はとってもよく出てくるので、確実におさえるようにしましょうね!

進行形と動名詞で使うing形の作り方のポイント

以下のポイントは、動詞のing形の作り方をまとめたものです。大切です。
しかし、動詞のing形を習得するには、以下のルールを暗記するのではなく、それぞれの動詞のing形に慣れることが大事です。
なので、以下のポイントはさらっと読み流して、例の方に進みましょう!

  • 動詞のing形は、基本的に動詞の原形にそのまま-ingをつける
  • 例外①: 発音しない-eで終わる→eを取って-ing
  • 例外②: -ieで終わる→ieをyに変えて-ing
  • 例外③: アクセントのつく短母音+子音→子音を重ねて-ing

進行形と動名詞で使うing形の作り方の例

動詞の原形にそのまま-ingをつける

(1) do → doing

(2) go → going

(3) think → thinking

(4) see → seeing

(5) say → saying

例外①: 発音しない-eで終わる→eを取って-ing

(1) take → taking

(2) make → making

(3) leave → leaving

「発音しない-e」とは、このことです。
takeもmakeもleaveも、最後のeを発音していませんよね!

例外②: -ieで終わる→ieをyに変えて-ing

(1) die → dying

(2) lie → lying

例外②は、この2つだけをしっかり覚えればOKです!

例外③: アクセントのつく短母音+子音→子音を重ねて-ing

(1) get → getting

(2) run → running

(3) swim → swimming

進行形と動名詞で使うing形の作り方の問題

(1) give

giving (例外①)Answer Here!


(2) study

studyingAnswer Here!


(3) sit

sitting (例外③)Answer Here!


(4) die

dying (例外②)Answer Here!


(5) use

using (例外①)Answer Here!

参考図書

『英文法の核』西きょうじ

超有名予備校講師が書いた文法書です!
正しい英文法をしっかり身につけたい方はこちら!

『一億人の英文法』大西泰斗・ポール・マクベイ

ネイティヴがどういう思考で英文法を使っているのかが、理解できる本です!
留学準備のために英文法を勉強したいという方はこちら!

最後に・・・質問絶賛受付中!

お疲れ様でした!
ing形の作り方は理解できましたか?

質問は以下からお気軽に!

[contact-form-7 id=”420″ title=”コンタクトフォーム 1″]