例文英文法「過去完了形」

re_eyecatch_pst-pft

この記事では、過去完了形を含む例文を多く集めています。
多くの例文に触れることにより、過去完了を理解するとともに、知識として定着させていきます。
例文英文法シリーズでは、肯定文→否定文→疑問文の順に学んでいきます。
それぞれ5つの例文を用意してあります。まずは自力で訳してみて、そのあとで解説を読んでもらい、理解します。

過去完了形を例文で学びましょう!

今回は過去完了を例文で学んでいきましょう!
過去完了は高校で習う英文法の一つです。
なので、大学受験以上で必要になる知識になります!

さあ、今日も頑張りましょう!

肯定文

まずは肯定文から勉強していきましょう!
過去完了の肯定文を含んだ例文を5つ用意していますので、それぞれまずは自力で訳してみてください!
分からなかったものは、後の解説を読んでみてくださいね!

(1) I had used this pen before it broke yesterday.
(2) She had had the car for over 10 years.
(3) I had been to Alaska before 2000.
(4) He had visited Kyoto several times before he began living in Japan.
(5) She had no money because she had lost her wallet.

さあ、どうですか?
訳せましたか?
ちょっと難しいところもあったかな?

それでは、それぞれの例文の解説を確認していきましょう!

過去完了の例文
(1) I had used this pen before it broke yesterday.

まず、過去完了形はhad + 過去分詞で表されます
なので、I had usedまで読んだところで、「あ、過去完了だ!」と気付きます。
過去完了形はいくつか用法があるのですが、今回は「(ずっと)〜していた」と《過去の動作・状態の継続》を表す場合です。
なので、I had usedで「私はずっと使っていた」になります。

before it broke yesterdayはそのまま「それが昨日壊れる前」という意味です!
itはもちろん、直前のthis penを指してます!

(1) I had used this pen before it broke yesterday.
「私はこのペンを、昨日それが壊れるまでずっと使っていた。」

過去完了の例文
(2) She had had the car for over 10 years.

さあ、これはどうでしょうか。
had hadって最初見ると驚きますよね笑
でも、これ、文法的に正しいんです。
過去完了形はhad + 過去分詞ですよね?
その過去分詞の部分にhaveの過去分詞が入ると、had hadとなってしまうんです。

で、この例文ですが、まずShe had hadまで読んだところで過去分詞だと気付きますね。
今回も「(ずっと)〜していた」の《過去の動作・状態の継続》です。
なので、「ずっと持っていた」と訳します。

で、次のforですが、「〜間」を表す前置詞です!
for ten minutesなら「10分間」
for two daysなら「2日間」というやつです!
なので、今回のfor over 10 yearsは「10年以上の間」ですね!

ちなみに、over = more then「〜以上」です!
一緒に覚えておきましょう!

(2) She had had the car for over 10 years.
「彼女は10年以上もの間、その車を持っていた。」

過去完了の例文
(3) I had been to Alaska before 2000.

これはどうでしょう?
この文を読んだ時にまずピンと来なければならないのは、had been toに気づくことです。
これは「〜に行ったことがある」を意味する熟語です。
なぜbeenで「行く」になるのかは置いといて(こんどeduwthで解説の記事を書きますね!)、had been toを見たらその瞬間に「〜に行ったことがあった」を連想できるようにしなくてはいけません!

(1)と(2)は《過去の動作・状態の継続》を表していましたが、今回は《過去の経験》です。
「〜に行ったことがあった」は過去の経験を表していますよね!

なので、 I had been to Alaskaまでで「アラスカに行ったことがあった」となります。
before 2000はもちろん、「2000年以前に」ですよね!

(3) I had been to Alaska before 2000.
「私は2000年以前にアラスカに行ったことがあった。」

過去完了の例文
(4) He had visited Kyoto several times before he began living in Japan.

さあ、次にいきましょう!
もうだいぶ慣れましたか?

He had visitedまでで過去完了に気づくことはできましたか?
今回も《過去の経験》なので、「訪れたことがあった」と訳せばいいです!

several timesは「何回か」ですよね!
…timesで「〜回」です!
three timesで「3回」
one hundred timesは「100回」
注意すべきは「1回」と「2回」!
それぞれonce, twiceとなるので要注意です!
one time / two timesはふつう言わないようです!

(4) He had visited Kyoto several times before he began living in Japan.
「彼は日本に住み始める前に、京都に何回か訪れたことがあった。」

過去完了の例文
(5) She had no money because she had lost her wallet.

最後です!
最後は「大過去」という用法の例文を選んでみました!

大過去は「過去の前」です。

日本語は、過去のことを表すとき、「〜した」と言うしかないですが、英語には過去には2種類あって、had + 過去分詞の過去完了形を使うことによって、「過去の前」をを表すことができるんです

どういうことかというと、例文を解説しながら理解していきましょう!

まずこの例文には2つの時があります。つまり、

  1. 彼女がお金を持っていなかったとき(過去)
  2. 彼女が財布をなくしたとき(過去の前)

です。

彼女は財布をなくしたからお金を持っていないわけで、財布をなくしたのは、お金を持っていないときよりも前ですよね?

で、過去は普通に過去形で表せばいいので、hadとなっているわけですが、
一方で「過去の前」つまり大過去を表すときは、過去完了形を使うのです!だから、had lostとなっているわけです。

「財布をなくした」のは「お金を持っていなかった」ときよりも前だよ!ということを、過去完了形で明示しているわけです!

説明が長くなりましたが、

(5) She had no money because she had lost her wallet.
「彼女は財布をなくしたので、お金を持っていなかった。」

否定文

肯定文はどうでしたか?
次は否定文に移りますよ!
それでは、下記の5つの例文をまずは日本語に訳してみましょう!

(1) I had never been to Kyoto before you took me there.
(2) I had never seen such a big dog before I saw the English mastiff.
(3) She missed the bus because she had not bought a bus ticket in advance.
(4) Before he moved to Boston, he had never spoken English.
(5) By the time my friend gave me an iPad, I had not used it.

どうでしたか?訳せましたか??
それでは、解説を読んでみてください!

過去完了の例文
(1) I had never been to Kyoto before you took me there.

I had never beenまで読んどところで、過去完了の否定文だと気付きますね!
で、このneverは「一度も〜ない」です。notを強めたものと考えて構いません。
なので、否定文になります。

そして、I had never been toまで読んだところで、had been to「〜行ったことがあった」に気付きますよね。
で、neverがあるので「〜に一度も行ったことがなかった」になるわけです。

took me thereは「私をそこに連れて行く」ですね!

(1) I had never been to Kyoto before you took me there.
「君が連れて行ってくれるまで、私は京都には行ったことがなかったんだよ。」

過去完了の例文
(2) I had never seen such a big dog before I saw the English mastiff.

さあ、これも過去完了の否定文ですよね!
I had never seenまでで判断できます。

suchは「そのような」という意味です。
なので、I had never seen such a big dogまでで「私はそんな大きな犬を見たことがなかった」と訳せばいいでしょう。

English mastiff「イングリッシュマスティフ」は超大型犬の一種です。

全文訳は以下です!

(2) I had never seen such a big dog before I saw the English mastiff.
「私はそのイングリッシュマシュティフを見るまで、そんな大きな犬は見たことがなかった。」

過去完了の例文
(3) She missed the bus because she had not bought a bus ticket in advance.

これはbecause以下が過去完了になりますね。
because she had not boughtまでで過去完了の否定文に気付きます。

miss the busですが、「バスに乗り遅れる」です。
miss the trainはもちろん「電車に乗り遅れる」ですね。
missは「〜に乗り遅れる」の他に「〜がいなくて寂しく思う」という意味にもなります。
I miss you.「君がいなくて寂しく思うよ。」というのはよく見かける表現ですよね。

in advanceですが、これは「前もって」という意味。
よく見る熟語なので、覚えてなかったひとはここで覚えてしましましょう!

(3) She missed the bus because she had not bought a bus ticket in advance.
「彼女は前もってバスのチケットを買っていなかったので、そのバスに乗り過ごした。」

過去完了の例文
(4) Before he moved to Boston, he had never spoken English.

これはどうですかね??

まず、Before he moved to Bostonの部分ですが、これは「彼がボストンに引っ越す前に」という意味ですね。
move to…は「〜に引っ越す」なので覚えておきましょう。

そのあとですが、he had never spokenまでで過去完了の否定文だと気付きますね。
「彼は一度も話したことがなかった」と訳してあげればOKです!

(4) Before he moved to Boston, he had never spoken English.
「ボストンに引っ越すまで、彼は一度も英語を話したことがなかった。」

過去完了の例文
(5) By the time my friend gave me an iPad, I had not used it.

過去完了の否定文はこれで最後です!
そろそろ慣れてきましたか?

まず、By the time my friend gave me an iPadの部分ですね。
byは「〜まで」という用法があります。今回はby the time…で「〜ときまで」と訳せばいいです。
なので、「私の友人が私にiPadをくれるまで」となります。

後半のI had not used itですが、もちろん過去完了の否定文ですよね。
「それを使ったことがなかった」と訳しましょう。

(5) By the time my friend gave me an iPad, I had not used it.
「友人からiPadをもらうまで、私はそれを使ったことがなかった。」

疑問文

否定文はいかがでしたか?
最後は疑問文を勉強していきましょう!
下記の5例文を読んで、まずは自力で訳してみましょう!

(1) Had he studied English before he got into Harvard?
(2) Had you read the manual before you used it?
(3) Had you ever been to France before your trip to Paris in 2015?
(4) Why had he stayed in Tokyo for a long time? Because he loved Tokyo.
(5) How long had you been in London when you graduated?

どうですか?
訳せましたか??

それでは解説に入っていきます!

過去完了の例文
(1) Had he studied English before he got into Harvard?

過去完了の疑問文は、hadを前に持ってくることで表されます。
なので、まずHad you studiedまで読んだところで過去完了の否定文だと気づかなくてはなりません。
「あなたは勉強したの?」となります。

あとは大丈夫ですよね?
get intoは「〜に入る」なので、got into Harvardで「ハーバード大学に入る」です!

ちなみに、he got intoの部分は過去形が使われていて、Had he studiedの部分に過去完了が使われているのは大丈夫ですか?
過去完了は過去よりも前のことを表現するときに使うからです

(1) Had he studied English before he got into Harvard?
「彼はハーバード大学に入る前に英語を勉強したの?」

過去完了の例文
(2) Had you read the manual before you used it?

これはどうでしょうか?
まずHad you readまでで過去完了の疑問文だと気付きますよね。
「あなたは読みましたか?」となります。

あとは大丈夫ですよね!
before you used itは「あなたがそれを使う前に」です!

(2) Had you read the manual before you used it?
「それを使う前にマニュアルを読みましたか?」

過去完了の例文
(3) Had you ever been to France before your trip to Paris in 2015?

Had you ever beenまでで過去完了の疑問文に気付きます。
everはここでは「それまで」という意味になってます。日本語訳しなくても大丈夫な場合も多いです。

そして、been to…は「行ったことがありましたか?」でしたよね。
なので、Had you ever been to Franceまでで「それまでにフランスに行ったことがりましたか?」です。

before your trip to Paris in 2015ですが、これも単純に「2015年のパリへの旅行の前に」です。
ちなみに、Parisのsは発音しないですからね!「パリス」でなく普通に「パリ」です。笑

(3) Had you ever been to France before your trip to Paris in 2015?
「2015年のパリへの旅行以前に、君はフランスに行ったことがあるの?」

過去完了の例文
(4) Why had he stayed in Tokyo for a long time? Because he loved Tokyo.

疑問詞whyがついてますが、had he stayedで過去完了の疑問文だとわかります。
「なぜ彼は滞在したのですか?」ですね。

for a long timeはもちろん「長い間」です。
stayは後ろにatかinをとって、「〜に滞在する」と訳します。

(4) Why had he stayed in Tokyo for a long time? Because he loved Tokyo.
「なぜ彼は長い間東京に滞在したの?彼は東京が大好きだったからだよ。」

過去完了の例文
(5) How long had you been in London when you graduated?

今回も疑問詞how longがついてますが、それ以外は全然問題ないと思います。
How long had you beenまでで「どのくらいの間あなたはいたの?」となり、
when you graduateは「あなたが卒業したときに」ですよね。

ちなみにgraduateは語法問題でよく出ますよね。
graduate college
graduate from college
どっちが正しい?という問題です。
これは後者が正しいです。
「〜を卒業する」はgraduate from…
覚えておきましょう。

(5) How long had you been in London when you graduated?
「君は卒業してからどのくらいロンドンにいたの?」

終わりに

これで過去完了は一通り終えることができました。
長かったですね笑
しかし、その分、力もついたはずです

もしわからないことがあれば、下記の質問フォームからお気軽に質問をしてみてください!
全力でお答えします!

[contact-form-7 id=”420″ title=”コンタクトフォーム 1″]