[人気記事] 英語を読めるようになるために必要なこと

beatの過去形・過去分詞 例文とクイズで覚える!

この記事では、beatの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはbeatの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

beatの過去形・過去分詞って?

beatの過去形・過去分詞、覚えていますか?

beatの過去形はそのままbeat、過去分詞はbeatenです!

beatの過去形・過去分詞
原形 beat
/biːt/
ビートゥ
過去形 beat
/biːt/
ビートゥ
過去分詞 beaten
/biːtn/
ビートゥン

beatは不規則動詞なので、単純に-edを語尾に付けただけでは過去形や過去分詞にはできません。
beat – beat – beaten
何度も唱えるなどして、しっかり覚えましょう!

ちょっと寄り道!

beatの意味を再確認!

beatの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、beatにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

beatの意味、覚えてましたか?
beatには「打つ」や「打ち負かす」という意味があります。
例えば、

beat the dog
「その犬を叩く」
beat him at tennis
「テニスで彼を打ち負かす」

のように使われます。
ここで、beatの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

beat
6. to hit a person hard and many times in order to hurt them
「傷つけるために何度も激しく人を叩くこと」
1. to defeat somebody in a game or competition
「試合や競争で誰かを負かすこと」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

beatの過去形・過去分詞の例文

beatの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

beatの過去形の例文
(1) He beat me at shogi
shogi:【名】将棋
He beatまででこのbeatが過去形であることに気付きます。
beatは現在形も過去形も同じ形でbeatですが、もし現在形ならHe beatsと三人称単数のsが付くはずです。
なので、このbeatは過去形だと判断できます。「彼は打った」もしくは「彼は打ち負かした」ですね。
目的語にmeが来ているので、「私を」となります。
at shogiは「将棋で」ですね。
He beat me at shogi
彼は私を将棋で打ち負かした。
ANSWER
beatの過去形の例文
(2) She beat the desk with her hand.
She beatとなっていますが、こちらも(1)の例文で解説したようにbeatは過去形として使われていると分かります。
目的語にthe deskがあるので、「打ち負かした」でなく「叩いた」の意味だと分かります。
with her handは「彼女の手で」ですね。
She beat the desk with her hand.
彼女は手で机を叩いた。
ANSWER
beatの過去分詞の例文
(3) Even today, some men simply don’t like to be beaten down by women.
even:【副】さえ
simply:【副】単純に
Even todayから始まりますが、これは「今日になっても」という意味です。
日本語の「今日」に「きょう」と読んで「今の日」を表す場合と、「こんにち」と読んで「この頃」を表す場合があるのと同様に、
英語のtodayにも同様の2つの意味があります。ここでは後者ですね。
some menが主語になっています。
someは「いくつか」という意味なので直訳は「何人かの男性」となりますが、someは「〜する人もいる」と訳すとうまくいく場合も多いので覚えておくといいでしょう。
ここでは「〜する男性もいる」と訳します。
どんな男性がいるのかというと、don’t like「好きではない」男性がいるようです。
to be beaten「打ち負かされる」のが好きでないと分かります。be + 過去分詞で受動態ですね。
downは副詞として使われていて、無理やり訳すとすると「打ち負かし落とす」などとなりそうですが日本語として不自然なので、訳さないでおきましょう。
by womenは「女性によって」です。
したがって、don’t like to be beaten down by womenで「女性に打ち負かされることを好まない」となります。
simplyは「単に」というような意味ですが、ここでは「単に女性という理由で」というようなニュアンスで使われています。
Even today, some men simply don’t like to be beaten down by women.
今日になっても、単に女性に打ち負かされることを好まない男性がいる。
ANSWER

beatの過去形・過去分詞の確認問題

beatの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!