LINE@での無料の相談・質問、受付再開!

biteの過去形は?過去分詞は?

この記事では、biteの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはbiteの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

biteの過去形・過去分詞って?

biteの過去形・過去分詞、覚えていますか?

biteの過去形・過去分詞はどちらもhadです!

biteの過去形・過去分詞
原形 bite
/baɪt/
バイトゥ
過去形 bit
/bɪt/
ビトゥ
過去分詞 bitten
/bɪtn/
ビトゥン

biteは不規則動詞です。なので、単純に-edをつけただけでは過去形や過去分詞にはできません。
bite – bit – bitten
しっかり覚えましょう!

ちょっと寄り道!

biteの意味を再確認!

biteの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、biteにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

biteの意味はちゃんと覚えていましたか?
biteには「噛む」という意味があります。
例えば、

This dog often bites me.
「この犬はよく私のことを噛んでくる。」

のように使われます。
ちなみに、「よく噛んで食べてね」の「噛む」はchewになります。
奥歯を使ってよく噛むと言いたいときはchewが使われます。
ここで、biteの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

bite
to use your teeth to cut into or through something
「何かを切り抜くために歯を使うこと」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

例文で理解を深める!

biteの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

c biteの過去形の例文
(1) She often bit her nails.
まずShe often bitまでが主語+動詞ですね。
bitはbiteの過去形なので「噛んだ」、oftenは「よく」と訳します。
nailは「爪」ですね。

(1) She often bit her nails.
「彼女はよく自分の爪を噛んだ。」
c biteの過去形の例文
(2) The apple looked so delicious that I bit into that.
まずThe apple looked so deliciousまでで「そのリンゴはとても美味しそうに見えた。」ですね。
look + 形容詞で「〜に見える」という意味になります。
そしてthatが続いているところから、so that構文に気づきます。so…that SVで「とても…なのでSV」という意味になりましたね。
that以下はI bit into that.となっていますが、このthatはもちろんthe appleを指しています。
bite into…は「かじりつく」と訳されます。

(2) The apple looked so delicious that I bit into that.
「そのリンゴはとても美味しそうだったので、私はかじりついた。」
c biteの過去分詞の例文
(3) Don’t be afraid. My dog has never bitten human.
まずDon’t be afraidは「怖がらないで」という意味ですね。
be afraid (of…)で「(…を)恐れる」となります。
次の文ですが、My dog has never bittenまでで現在完了(have + 過去分詞)に気づきますね。
「私の犬は今まで一度も噛んだことがない」です。

(3) Don’t be afraid. My dog has never bitten human.
「怖がらないで。私の犬は人を噛んだことなんてないんだから。」

練習問題で知識を定着させる!

biteの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!