digの過去形は?過去分詞は?

この記事では、digの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはdigの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

digの過去形・過去分詞って?

digの過去形・過去分詞、覚えていますか?

digの過去形・過去分詞はどちらもdugです!

digの過去形・過去分詞
原形 dig
/dɪɡ/
ディグ
過去形 dug
/dʌɡ/
ダグ
過去分詞 dug
/dʌɡ/
ダグ

digは不規則動詞です。なので、単純に-edをつけただけでは過去形や過去分詞にはできません。
dig – dug – dug
しっかり覚えましょう!

ちょっと寄り道!

digの意味を再確認!

digの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、digにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

digの意味、しっかりと覚えてましたか?
digには「掘る」という意味があります。
例えば、

dig a hole 「穴を掘る」

のように使われます。
ここで、digの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

dig
to make a hole in the ground or to move soil from one place to another using your hands, a tool or a machine
「手や道具、機械を使って穴を掘ったり、土をある場所から別の場所へ移すこと」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

例文で理解を深める!

digの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

digの過去形の例文
(1) I dug a hole in the ground.
まずI dugまでで「私は掘った」となりますね。
そしてa holeが続いていて、これが目的語です。
「穴を掘った」となります。
in the groundは「地面に」です。

(1) I dug a hole in the ground.
「私は地面に穴を掘った。」
digの過去形の例文
(2) He dug up some potatoes.
He dugまでで「彼は掘った」となります。
upは副詞で、意味としては<上方向に>というイメージです。
その後のsome potatoesが目的語になっていて、「いくつかのじゃがいもを掘り上げた」とか、あるいは「掘り出した」としてもいいでしょう。

(2) He dug up some potatoes.
「彼はじゃがいもをいくつか掘り出した。」
digの過去分詞の例文
(3) The tunnel was dug with the aid of machinery.
The tunnel was dugまでで受動態(be動詞+過去分詞)に気づきます。
「そのトンネルは掘られた」ですね、
with the aid of…は「〜の助けを借りて」という意味です。

(3) The tunnel was dug with the aid of machinery.
「そのトンネルは機械の助けをかりて掘られた。」

練習問題で知識を定着させる!

digの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!