goの過去形は?過去分詞は?

この記事では、goの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはgoの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

goの過去形・過去分詞って?

goの過去形・過去分詞、覚えていますか?

goの過去形・過去分詞はそれぞれ、went, goneです!

goの過去形・過去分詞
原形 go
/ɡoʊ/
ゴゥ
過去形 went
/went/
ウェント
過去分詞 gone
/ɡɔːn/
ゴーン

goは不規則動詞なので、-edを語尾につけても過去形・過去分詞は作れません。

go – went – gone

ここで覚えてしまいましょう!

ちょっと寄り道!

goの意味を再確認!

goの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、goにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

goは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
goには「行く」という意味があります。
日本語でも「レッツーゴー」など、普段から使われる英語ですよね。

Let’s go.「行きましょう。」

go to…のように前置詞toを続けることで、行き先を表すことが可能です。

go to…「・・・に行く」

例えば、

I go to Osaka.「私は大阪に行く。」

のように使われます。


ここで、goの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

go
to travel or move to another place
「別の場所に移動したり進むこと」
cited from Cambridge Dictionary

ちなみに、travelは「旅行する」という訳がよく使われますが、単純な移動を指す場合にも使われます。ここでは、「進む」と訳しました。
英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

例文で理解を深める!

goの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

goの過去形の例文
(1) I went to Tokyo last year.
まず、goは「行く」という意味なので、その過去形のwentは「行った」という意味になりますね。
なのでI wentまでで「私は行った」と訳せます。
to Tokyoはその行き先ですね。
「東京に」です。
last yearは「去年」です。

(1) I went to Tokyo last year.
「私は去年東京に行った。」
goの過去形の例文
(2) She went into the library without saying anything.
まずShe wentまでで「彼女は行った」となります。
その後にtoではなくintoが続いています。
toは単純に「〜に」と行き先をさすのに対し、intoは「〜のなかに」のように中に入って行くイメージが加わります。

  • to…「・・・に」<単純な行き先>
  • into…「・・・の中に」<中に入って行くイメージ>

なので、She went into the libraryで「彼女はその図書館に入っていった」のように訳せればOKです!
また、withoutは以下の2つを抑えればOKです。

  • (1) without…「・・・なしで」
  • (2) without…ing「・・・しないで」

今回は(2)ですね。
「何も言わずに」と訳しましょう。

(2) She went into the library without saying anything.
「彼女は何も言わずにその図書館に入っていった。」
goの過去分詞の例文
(3) John has gone to the park.
最後の例文です。
John has goneまでで現在完了(have + 過去分詞)に気づきますね。
現在完了の詳しい説明はここでは省略しますが、「ジョンは行ってしまった」と訳せればOKです!
to the parkはもちろん「その公園に」ですね!

(3) John has gone to the park.
「ジョンはその公園に行ってしまった。」

練習問題で知識を定着させる!

goの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!