haveの過去形は?過去分詞は?

この記事では、haveの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはhaveの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

haveの過去形・過去分詞って?

haveの過去形・過去分詞、覚えていますか?

haveの過去形・過去分詞はどちらもhadです!

haveの過去形・過去分詞
原形 have
/həv/
ハブ
過去形 had
/həd/
ハド
過去分詞 had
/həd/
ハド

haveは不規則動詞です。なので、単純に-edをつけただけでは過去形や過去分詞にはできません。
have – had – had
しっかり覚えましょう!

ちょっと寄り道!

haveの意味を再確認!

haveの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、haveにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

haveは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
haveには「持っている」という意味があります。
例えば、

have a pen「ペンを持っている」

のように使われます。
また、「持っている」の他にも「飼っている」や「食べる」といった意味もあります。

have a dog「犬をを飼っている」
have lunch「昼食をとる」

ここで、haveの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

have
to own, hold or possess something
「何かを所有したり、手に持っていたりすること」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

例文で理解を深める!

haveの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

haveの過去形の例文
(1) I had some expensive books.
まず、haveは「持っている」という意味なので、その過去形hadは「持っていた」という意味になります。
なのでI hadまでで「私は持っていた」と訳せます。
someは「いくつかの」
expensiveは「高価な」
bookはもちろん「本」ですよね。

(1) I had some expensive books.
「私はいくつかの高い本を持っていた。」
haveの過去形の例文
(2) We had a lot to do yesterday.
We hadまでで「私たちは持っていた」ですね。
a lotは「たくさんのこと」です。
今回はa lotの後にto doとあります。
これは不定詞の形容詞的用法です。
「すべきたくさんのこと」と訳します。

(2) We had a lot to do yesterday.
「私たちには昨日、すべきたくさんのことがあった、」
haveの過去分詞の例文
(3) We have already had lunch.
最後の例文です。
まず、We haveまでで「私たちは持っている」と訳してしまいそうですが、読み進めるとhadが出てくるので現在完了形(have + 過去分詞)だと気付きます。
We have already had「私たちはすでに持っていた」ですね。
しかし後ろにlunchがあるので、「持っている」ではなく「食べる」の意味が正しそうですね。

(3) We have already had lunch.
「私たちはすでに昼食を食べた。」

練習問題で知識を定着させる!

haveの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!