leaveの過去形は?過去分詞は?

この記事では、leaveの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはleaveの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

leaveの過去形・過去分詞って?

まずはleaveの過去形と過去分詞をさくっと説明します。
最後の例文も読んでみてください。

leaveの過去形・過去分詞
原形 leave
/liːv/
リーブ
過去形 left
/left/
レフト
過去分詞 left
/left/
レフト

leaveの過去形・過去分詞はそれぞれleftです。

leaveは不規則動詞なので、単純に-edを語尾につけても過去形・過去分詞には出来ません。
leave – left – left
しっかりと覚えてしまいましょう!

先生

ところで、leaveの意味っでちゃんと分かってる?
ええと、「出発する」でしたっけ?

生徒

先生

そうそう!
ちょっと復習しておこうか!
ちょっと寄り道!

leaveの意味を再確認!

leaveの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、leaveにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

leaveは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
leaveには「去る」とか「出発する」という意味があります。
例えば、

leave Tokyo「東京を去る(出発する)」

のように使われますが、

leave Tokyo for Osaka「東京を出発して大阪に向かう」

のように、目的地を表すことも可能です。
また、

leave for Osaka「大阪に出発する」

のように目的地だけを表すこともできます。
まとめると、

leave A「Aを出発する」
leave A for B「Aを出発してBに向かう」
leave for B「Bに出発する」

となります。


ここで、leaveの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

leave
to go away from a person or a place
「ある人や場所から立ち去ること」
cited from Oxford Advanced Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

例文で理解を深める!

leaveの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

leaveの過去形の例文
(1) She left her room.
まず、leaveは「去る」と言う意味なので、その過去形leftは「去った」とか「出発した」という意味になります。
なのでShe leftで「彼女は去った」と訳せます。
そしてher roomと続いているので「彼女の部屋を去った」ということですね。

(1) She left her room.
「私は彼に手紙を送った。」
leaveの過去形の例文
(2) I left for Tokyo.
I leftまではもう訳せますよね。
「私は去った」です。
そのあとにfor Tokyoと続いています。
leave for B 「Bに出発する」のパターンですね。

(2) I left for Tokyo.
「私は東京に出発した。」
leaveの過去分詞の例文
(3) He has left his wallet in his room.
He has leftまで読んだところで現在完了(have + 過去分詞)に気づきます。
「彼は去ってしまった」ですね。
しかし、そのあとにhis walletが続いています。
「彼の財布を去る」というのはおかしいですよね。
実は、leaveには「去る」の他に「置いていく」という意味があるんです。
例えばleave an umbrellaのような使い方をします。
「傘を去る」→「傘から離れる」→「傘を置いていく」
<何かから去る>ということはつまり<何かを置いていく>ということですよね。
だから、ここではleft his walletなので、「財布を置いてきた」となるわけです。

(3) He has left his wallet in his room.
「彼は自分の部屋に財布を置いてきた。」

練習問題で知識を定着させる!

leaveの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!