[人気記事] 英語を読めるようになるために必要なこと

lightの過去形・過去分詞 例文とクイズで覚える!

この記事では、lightの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはlightの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

lightの過去形・過去分詞って?

lightの過去形・過去分詞、覚えていますか?

lightの過去形・過去分詞はどちらもlitです!

lightの過去形・過去分詞
原形 light
/laɪt/
ライト
過去形 lit
/lɪt/
リット
過去分詞 lit
/lɪt/
リット

lightは不規則動詞です。なので、単純に-edをつけただけでは過去形や過去分詞にはできません。
light – lit – lit
しっかり覚えましょう!

ちょっと寄り道!

lightの意味を再確認!

lightの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、lightにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

lightはよく「光」という名詞で使われますが、動詞もあります。意味は知っていますか?
動詞のlightには「火がつく、光がつく」などといった意味があります。
例えば、

light the candle
「ロウソクの火をつける」

のように使われます。
ここで、lightの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

light
to make something start to burn
「何かが燃え始めるようにすること」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

lightの過去形・過去分詞の例文

lightの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

lightの過去形の例文
(1) Max lit the cigarette.
まず、Max litですが、「マックスは火を付けた」と訳せますね。
the cigaretteが続いていますが、これはlitの目的語になっていて「タバコ」です。
lit the cigaretteで「タバコに火をつけた」となるわけですね。

(1) Max lit the cigarette.
「マックスはタバコに火をつけた。」
lightの過去形の例文
(2) The decorations lit up the town.
The decorations litまでで「その飾り付けは火を付けた」となります。
目的語はもちろんthe townです。「飾り付けが街に火をつける」はおかしいですね。
日本語でもライトアップといいますが、ここでのlitは「火をつける」ではなく「照らす」のような意味で使われています。
「輝かせた」というように訳してあげましょう。

(2) The decorations lit up the town.
「その飾り付けはその街を輝かせた。」
lightの過去分詞の例文
(3) The candle was lit by Mary.
The candle was litまでで受動態(be動詞 + 過去分詞)に気付きます。
そのロウソクは火を付けられた、となります。
by Maryは「メアリーによって」ですね。

(3) The candle was lit by Mary.
「そのロウソクはメアリーによって付けられた。」

lightの過去形・過去分詞の確認問題

lightの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!