makeの過去形は?過去分詞は?

この記事では、makeの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはmakeの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

makeの過去形・過去分詞って?

makeはとってもよく使われる基本的な単語ですよね。
その過去形・過去分詞はちゃんと覚えていますか?

makeの過去形・過去分詞はどちらもmadeです!

makeの過去形・過去分詞
原形 make
/meɪk/
メイク
過去形 made
/meɪd/
メイド
過去分詞 made
/meɪd/
メイド
ちょっと寄り道!

makeの意味を再確認!

makeの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、makeにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

makeは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
makeは下記の3つの用法が特に重要なので、さくっと復習しましょう!
まず、makeには「作る」という意味があります。
例えば、

make a doll
「人形を作る」

のように使われます。また、

make her a doll
「彼女に人形を作ってあげる」

のように、make A Bで「AにBを作ってあげる」という意味にもなります。
そして、

make her happy
「彼女を幸せにする」

のように、make A Bで「AをBにする」という意味にもなります。


ここで、makeの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

make
to create or prepare something by combining materials or putting parts together
cited from Oxford Learner’s Dictionary
「材料を組み合わせたり、パーツを組み合わせたりすることによって、何かを作り出したり用意すること」

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!
例えばここならネット上で気軽に確認できますし、紙の英英辞典はこちらがおすすめです!

例文で理解を深める!

makeの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説・解答を確認しながら進めていってください。

makeの過去形の例文
(1) I made clothes for many people.
まずunderstandは「理解する」という意味なので、その過去形understoodは「理解した」となりますね。
what he saidは「彼が言ったこと」です。
このwhatは関係代名詞のwhatと呼ばれていて、what S Vで「SがVすること」という意味になります。

(1) I made clothes for many people.
「私は多くの人に服を作った。」
makeの過去形の例文
(2) The teacher made his students very smart.
まず、The teacher madeまでで「その先生は作った」と訳せますね。
しかし、後ろにはhis students very smartと続いています。
これはmake A B「AをBにする」の表現です。
なので「彼の生徒をとても賢くした」ということですね!

(2) The teacher made his students very smart.
「その先生は彼の生徒をとても賢くした。」
makeの過去分詞の例文
(3) The car is made in Japan.
まず、is madeに注目します。
受動態(be動詞 + 過去分詞)ですね。
直訳すると、「その車は日本で作られる。」となりますね。
「その車は日本製だ。」と訳しても問題ありません。!

(3) The car is made in Japan.
「その車は日本製だ。」

クイズに答えて知識を定着させる!

makeの過去形や過去分詞はマスターできましたか?
練習問題で最終チェックをしましょう!