speakの過去形は?過去分詞は?

この記事では、speakの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはspeakの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

speakの過去形・過去分詞って?

speakの過去形や過去分詞、しっかり覚えていますか?
speakの過去形・過去分詞はspoke – spokenです!

speakの過去形・過去分詞
原形 speak
/spiːk/
スピーク
過去形 spoke
/spoʊk/
スポゥク
過去分詞 spoken
/spoʊkən/
スポゥクン

speakは不規則動詞なので、-edをつけても過去形・過去分詞にはなりません。

speak – spoke – spoken

しっかり覚えておきましょうね!

ちょっと寄り道!

speakの意味を再確認!

speakの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、speakにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

speakは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
speakには「話す」という意味があります。
例えば、

speak English
「英語を話す」

のように使われます。
よくspeak to…の形で「〜に話かける」という意味として使われます。

speak to my friend
「友達に話しかける」

ここで、speakの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

speak
to talk to somebody about something; to have a conversation with somebody
「何かについて誰かに話しかけること; 誰かと会話をすること」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

speakの過去形・過去分詞を含んだ例文!

speakの過去形・過去分詞、またその意味はちゃんと理解できましたか?
その知識を定着させるために、例文を読んでいきましょう!

まずは下記の例文を日本語に訳してみてください。
必要に応じて、解説と訳例も確認しましょう!

speakの過去形の例文
(1) I spoke very slowly.
まず、speakは「話す」と訳すので、その過去形spokeは「話した」と訳します!
なのでI spokeまでで「私は話した」と訳せますね!

veryは「とても」。
slowlyは「遅く」ですよね!
slowlyはslow「遅い」とセットで覚えておきましょう!

(1) I spoke very slowly.
「私はとてもゆっくり話した。」
speakの過去形の例文
(2) He spoke with Mary yesterday.
2つ目の例文です!
まず、He spokeまでで「彼は話した」と訳せますね!
そして後にはwith Maryが続いています。
これはそのまま「メアリーと」と訳せばOKですね!
yesterdayはもちろん「昨日」。
ちなみに「一昨日(おととい)」はthe day before yesterdayですよ!直訳すると「昨日の前の日」ですね!

(2) He spoke with Mary yesterday.
「彼は昨日メアリーと話した。」
speakの過去分詞の例文
(3) John has spoken English and Japanese.
最後の例文です!
最後は過去分詞のspokenを含んだ例文を読んでみましょう!
まず、John has spokenまで読んだところで現在完了(have + 過去分詞)に気付きますね!
ここでは「ジョンは話してきた」と訳せばOKです!

(3) John has spoken English and Japanese.
「ジョンは英語と日本語を話してきた。」

クイズでspeakの過去形と過去分詞を最終チェック!

これで終わりです!
speak過去形過去分詞は理解できましたか?

最後にクイズに答えてspeakの過去形と過去分詞をチェックしましょう!