touchの過去形は?過去分詞は?

この記事では、touchの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはtouchの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます。

touchの過去形・過去分詞って?

結論から言うと、
touchの過去形・過去分詞は、どちらもtouchedです!

touchの過去形・過去分詞
原形 touch
/tʌtʃ/
タッチ
過去形 touched
/tʌtʃt/
タッチト
過去分詞 touched
/tʌtʃt/
タッチト

touchは不規則動詞ではなく規則動詞なので、
touch – touched – touchedと変化していきます!

しっかり覚えておきましょう!

ちょっと寄り道!

touchの意味を再確認!

touchの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、touchにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

touchは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
touchには「触れる」と「感動させる」という意味があります。
日本語にも「琴線に触れる」という表現がありますが、 英語でも「触れる」を意味するtouchが、「感動させる」の意味になります。
例えば、

touch the chair
「その椅子に触る」
The movie touches everyone.
「その映画は誰もを感動させる。」

のように使われます。
ここで、touchの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

touch
to put your hand or another part of your body onto somebody/something
「手もしくは体の他の部分を誰か/何かに置くこと」
to make somebody feel upset or sympathetic
「誰かの木を動転させたり共感させること」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

touchの過去形・過去分詞を含んだ例文!

それでは、touchの過去形touchedを含んだ例文をいくつか見ていきましょう!
まずは下記の3つの例文を日本語に訳してみてください!

必要に応じて、解説と訳例も確認しましょう!

touchの過去形の例文
(1) She touched my shoulder.
まずは1つ目の例文、訳せましたか?
touchは「触れる」と「感動させる」なので、touchedはその過去形で「触れた」と「感動させた」になりますね!
ここではまずShe touchedまでで「彼女は触れた」になります。
shoulderは「肩」です。

(1) She touched my shoulder.
「彼女は私の肩に触れた。」
touchの過去形の例文
(2) Her story touched us.
さあ、お次です。これ、訳せましたか?
まずHer storyは「彼女の話」ですね。
usは「私たちを」です。
なので、
「彼女の話は私たちに触れた。」

「彼女の話は私たちを感動させた。」
のどちらかですね。
「感動させた」のほうが正しいですね!

(2) Her story touched us.
touchの過去分詞の例文
(3) I have never touched her belongings.
最後の例文です。
I have never touchedまでで現在完了(have + 過去分詞)に気づきますね。
「私はこれまで触れたことがない」ですね。
her belongingsですが、これは「彼女の持ち物」です。

(3) I have never touched her belongings.
「私はこれまで彼女の持ち物に触れたことがない。」

最後に: クイズで最終確認!

touch過去形過去分詞は大丈夫ですか?
クイズで最終チェックをしましょう!