wearの過去形は?過去分詞は?

この記事では、wearの過去形・過去分詞を説明しています。
まずはwearの過去形・過去分詞を理解(Input)してもらい、例文(Output)を読んでもらいます。
そのあとにクイズ(Check)を解いて、知識を定着させます。
InputOutputCheckと進みます

wearの過去形・過去分詞って?

この記事では、wearの過去形・過去分詞を説明していきます!
早速ですが、wearの過去形・過去分詞は、wear, wornです!

wearの過去形・過去分詞
原形 wear
/wer/
ウェア
過去形 wore
/wɔːr/
ウォア
過去分詞 worn
/wɔːrn/
ウォーン

wearは不規則動詞なので、単純にwearの後ろに-edをつけただけでは、過去形も過去分詞もできません!

wear – wore – worn

口に出して何回も唱えて、覚えてしまいましょう!

ちょっと寄り道!

wearの意味を再確認!

wearの過去形・過去分詞ももちろん大事ですが、wearにどんな意味があるのか、ここで再確認しておきましょう!

wearは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか?
wearには「着ている」「使い古す」という意味があります。
例えば、

He is wearing a tie.
「彼はネクタイをしている。」

のように使われます。また「使い古す」の用法では

The cap is starting wore.
「その帽子は傷みはじめている。」

というような使われ方をします。
ここで、wearの意味の理解を深めるために、ちょっと英英辞典をひいてみましょう!

wear
to have something on your body as a piece of clothing, a decoration, etc.
「服や衣装として何かを体につけること」
to become, or make something become thinner, smoother or weaker through continuous use or rubbing
「継続的な使用や摩擦により、何かが薄くなったり平坦になったりもろくなったりすること。また、そうさせること。」
cited from Oxford Learner’s Dictionary

英英辞典は英語学習にとっても役立つ上、インターネット上でも気軽に閲覧できるので、ぜひ試してみてください!

wearの過去形・過去分詞を含んだ例文!

wearの過去形・過去分詞、またその意味は大丈夫ですか?
それでは、woreやwornを含んだ例文をいくつか見ていきましょう!

まずは下記の3つの例文を日本語に訳してみてください!
必要に応じて、解説と訳例も確認しましょう!

wearの過去形の例文
(1) He wore a nice tie at the party.
最初の例文です!
まず、wearは「着ている」という意味なので、その過去形woreは「着ていた」という意味になりますね!
なので、He woreまでで「彼は着ていた」という意味になります!
a nice tieは「いいネクタイ」とか「素敵なネクタイ」などと訳して、
at the partyはそのまま「そのパーティで」でいいでしょう!

(1) He wore a nice tie at the party.
「彼はそのパーテイで素敵なネクタイをしていた。」
wearの過去分詞の例文
(2) The glasses is always worn by Mary.
2つ目の例文です!
今回は過去分詞を用いた例文になります!
まず、The glasses is always wornまでで受動態(be動詞 + 過去分詞)の存在に気づきます。
「そのメガネはいつもつけられている」と訳せます。
by Maryはそのまま「メアリーによって」ですね!

(2) The glasses is always worn by Mary.
「そのメガネはいつもメアリーによってつけられている。」
wearの過去分詞の例文
(3) She has never worn black.
最後の例文です!
まず、She has never wornまでで現在完了(have + 過去分詞)に気づきますね!
「彼女は一度も着たことがない」と訳せます。
wear blackは直訳すると「黒を着ている」となりますが、もちろん「黒い服を着ている」という意味です!

(3) She has never worn black.
「彼女は一度も黒を着たことがない。」

最後に: クイズで最終チェック!

wear過去形過去分詞は理解できましたか?
クイズで知識の最終チェックをしましょう!